HLG PARK
Steigeisen SALPeter Aspirin Encore Fireworks5 XP5 TabooGT Blaster2 Sophia Supergee2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tweagle DLG
TW3のAlex氏から、新型を作ったとの連絡が。
Tweagle-014.jpg

翼面積19.8dm2  C52+ロハセルコア入り
4サーボ胴体内装 エルロンロッドは胴体内装
胴体は少し短めにして慣性モーメントを減らした。(ランチ高度UP)
「べリリリリリリリリリィィィィィーハイランチ」とのことです。

▼以下追記
Tweagle 002
 主翼115g、トータル245~250g、翼型=オリジナル

Q.翼形は?
 A.オリジナルです。滑空性能は素晴らしく、また乱流の中でも安定している。

Q.コアを入れると重くなるのではないか?
 A.今回、コアは慣性モーメントを増加させておらず、むしろ減少させた。なぜならシャーレは翼端も中央も
  同じ面密度だが、コアを入れることで中央が重く、翼端側が軽くできたから。

Q.フラッターは起きないか?
 A.この機体は起きない。エルロンはとても軽いのでシャーレのエルロンより収束が速い。3mmロッドで
  問題なし。RDSより剛性を出した。ロッドは内装、真鍮レバーを使用した。

Q.翼について
 A.とても良い。滑空もたぶんTW3より良いと思う。パイロンによる固定方式。エルロンの真鍮
  レバーが胴体に入る。

Q.Reの点で不利ではないか?
 A.僕も最初はその点を考えたが、TW3のRe=60000時よりTweagleのRe=50000時のほうが高い揚力を得る
  結果が出せた。そして翼の設計を終え、TW3と遜色ない滑空性能でありながらランチは10m高く
  できるという見込みが立った。滑空はマジでTW3よりいい。なぜならハイアスペクトのほうが
  トータルでは抵抗が減らせたためだ。

Q.カラーは指定できるか?
 A.このパターンで色の変更は可能

▼追記その2
new 023

Q.水平尾翼を上配置にしたのはなぜか?
 A.(略)
 ※少し長い説明をしてくれました。いくつかの実験テストの結果だそうで、一石四鳥の素晴らしい効果が
  あります。単に上配置にするだけではあまり意味がないです。

Q.翼厚は何%か?
 A.○.○○%だ。  ※教えてくれましたが秘密。:-D

Q.写真のピンクとイエローは蛍光色か?
 A.そう、どちらも蛍光(NEON)だ。

Q.Max L/D、MaxL/D時の速度はTW3と比べてどうか?
 A.同じ翼面荷重で比較し、TweagleのほうがL/Dは良く、速い。

 TW3同様、慣性モーメントをとても重要視して設計していることや、スプレッドカーボンよりも品質の
高い(ムラがない)C52を使っていることから、とても気になる機体です。もしかすると、最も上がる
機体になるかも! TW3より10m高いなら、90mも夢じゃない?

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

Twister3-Rainbow
今回は8か月ぐらいかかったでしょうか、春に頼んだスペシャルカラー(レインボーカラーと勝手に命名)が
やっと入ってきました。派手です!
DSCF9848s.png
最も贅沢なトップフライヤー仕様のフルスペックです。
Spec:
 主翼 C52フルカーボン ライト版
 尾翼 フルスプレッドカーボン版
 RDS 主翼製作時に組み込み済み。スキンカットなしのため高剛性。
 RDSサーボ グラウプナー・メタルギア
 カラー オプショナルレインボー


▼TW3, SNIPE, BLASTER SCの胴体比較です。
twfuse.png

TW3が最も細くスマートです。翼下が異常に細い。SNIPEが最も太くなってしまいました。

ノーズ長もTW3が最短です。マスの集中化でヨー揺れを減少させ、ランチ高度UPが狙いでしょう。
TW3はCG合わせのバラストが余分に必要と思いますが、翼が軽いので完成重量はむしろブラスターより軽く
なり結局有利。これがトレンドでしょうか。ただ贅沢な材料と手間のかかる構造になるでしょうから量産は難し
そうです。

主翼はRDSが左右に入っているのにBLASTER SCより軽い!
9.5gのグラウプナーのメタルギアサーボ! が2個入ってです。
それでいて物凄く丈夫です。魔法のようです。何しろ80m上がるんですから。

なぜ丈夫で軽く作れるのか? 矛盾しないのか?

逆に、なぜ他のDLGがTW3より重くなるのかを書いてみるとたぶんわかってきます。
  ・全面カーボン柄に見えても、安価なグラスが積層に入っている。
  ・エポキシの性能が低い。製作時の使いやすさ、硬化速度、調達コストを考慮している。
   (エポキシはものすごく重要です!)
  ・ムラがあって剛性に難があるスプレッドトウカーボンを使っている。
  ・国によってはC52が手に入らないか高価なので、もっと重い(厚い)カーボンを使っている
  ・手間のかかる構造や工程はコスト増になるので避けている。
  ・フォームコアを入れている。
  ・構造に無駄がある(無駄に重いところがある)。

フェラーリやランボルギーニをファミリーカーのように量産できないのと同じなんでしょうね。

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

Battery Fail-safe
▼Battery Fail-safe
batFS.png

▼ in my OMEGA-2m...
DSCF9642_sFS.jpg

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

Happy new year
moonx.png

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

SNIPE-Light
▼SNIPE-Light
DSCF0001_s.jpg

▼Wing
VooDoo vs SNIPE (SNIPE≒VooDoo)
DSCF9750_s.jpg

Twister3 vs SNIPE (SNIPE << TW3)
DSCF0010_s.jpg
DSCF0007_s.jpg
DSCF0009_s.jpg
翼面積・・・SNIPE≒VooDoo << Twister3≒Blaster3SC
翼重量・・・SNIPE-Lite < Twister3≒SNIPE << Blaster3SC
※SNIPE-Light=110g , Twister3=114g , Blaster3SC=147g。

▼Fuselage
SNIPE vs BLaster3SC
DSCF0006_s.jpg
SNIPE-Light=41g , Blaster3SC=39g , Twister3=38g
 テールは短くなったが、翼下カバーが増えたので軽くはなっていない。
 テールブームの作りが変わった。(SCが使われている)

▼Stab/Fin
SNIPE vs BLaster3SC
DSCF0013_s.jpg
 SNIPE-Light=14g , Blaster3SC=16g
 垂直はTW3のように上下対称になった?

▼Covers
DSCF0016_s.jpg
胴体カバーは一体式で、ジッパーまで入っている。

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

40分フライト&30分フライト
霧の曇天で、ほとんど無風でしたが、お約束の豆粒に。がしかし・・・
1DSC_0050_s.jpg

VooDooを少し厚くした翼(試作品みたいなやつ)を、SG2自作胴体に付けたライトウエイト機。
2DSC_0039s.jpg
1、2投目でトリム確認し、3投目で普通にランチ。ゆる~いサーマル発見。、回るが上がらない・・・がここでチャレンジ。とてもゆるいが、気合いで上げる。トンビがたまに誘発されて飛んでくるが、どのトンビも乗り切れず、すぐ帰ってしまう。今日はトンビのサークリングが見られない。こちらは豆粒に! がしかし・・・機体が霧に消えてしまい視界没! ダウンを打つと、黒いのが降りてきた! VooDooだ! この間5秒ぐらいか。

 まぁダウンを打てば黒いのが降りてくるから分かるな(良い子は真似してはいけません)、と分かったので、ローリングサークル、豆粒、を何度か繰り返す。なんてしているうちにまた、視界没! ダウンを打つが、なんと見えてこない! どこいったんだ! やばぃ、ロストか? 1分ぐらいしたら、クルクル動くのを発見! やった再捕捉! やばいやばい、戻そう。タイマーを見ると42~43分。3投目で40分ぐらい飛んだ。

 で、数投だけ投げる練習をして、またゆるいサーマルがあったので回るが、やはり上がらん! が、高度10mで粘っている、のでまたチャレンジ、気合いで上げる。無風日はサーマルが持続するんですよ。たまにトンビが来るが諦めて帰って行く、。VooDooの半分まですら上がって来ない。今日のトンビはORZな感じ、がんばれトンビ。こちらはまた豆粒達成、そしてアクロで遊び、また上昇。バッテリー温存のためミキシングを切り、動安定が良くあまり舵を打たなくていいモードにしてフライト継続。タイマーが1:30ぐらいになった、1セルリポだやばい。VooDooの3分の1ぐらい下の高度で、今日初めて回るトンビが現れたが、お先に~と帰還。1時間フライトは無理でしたが、40分と、30分を達成。今日はBlasterやSnipeじゃ上がれななかったかもな~。

タイヤ交換しました。
トヨタのジャッキ格納場所。
DSC_0060ss.jpg
工具袋の固定フックがとても外しにくい!
上側が隠れているジャッキを取り出すのも大変。
戻すのはもっと大変! 女の人でもできるんだろうか?

OSをアップグレードした。
4DSC_0033_s.jpg
残り時間1分未満のまま、数分~10分ぐらい待たされた。ダメだこりゃ。
その後また違う画面に。1分は終了までの意味じゃなかった。

5DSC_0034_s.jpg
再び残り1分以内の表示。また動かない。だめだこりゃ。数分~10分ぐらい待たされ、やっと終了。トータル2時間ぐらい。使ってみると・・・UIに問題が多い。変な動きもする。(たぶんバグ)
今後に期待!

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

OMEGA & TWISTER3 RDS
OMEGA & TWISTER3を作りました。

▼OMEGA
 KST135x4(AIL/FLP), KST145x1(RUD), JR 351(ELV), eneloop AAx4
 なかなか綺麗な機体です。日曜に初飛行。
DSCF9097_s.jpg
DSCF9098_s.jpg
DSCF9591.jpg
DSCF9660.jpg
DSCF9642_s.jpg
バッテリーはeneloop。スロープによってはLi-po禁止だそうです。山火事防止のためだそうです。山火事の原因はたばこが多いようですから、ちょっとした火種で山火事は起こりうるわけですね。Li-poは充電時の発火が多いようで、車を燃やしたとか、自宅を火事にしたとか聞きますが、充電時以外でも発火事故はあるようですし(機体を燃やしたとか、PCが発火したとか)、もともとLi-poは不安定な化合物を使っていてNiMHと違い成分自身が発火の可能性がありますから、やはりスロープでのLi-poは自粛すべきでしょうね。山火事なんて起こしたら損害賠償だけでは済まないと思います。全国の山がRC禁止になるかも。

バッテリーコネクタはフェイルセーフのため2重にしてみました。電源系はたった1Pinの接触不良ですべてのサーボが固まるからです。幸い僕はそれで落としたことはありませんが、いままで世界で何人の人が・・・。 Rx側コードの+同士、-同士をハンダ付けすればさらにリスクが減ります。

ちなみに電子パーツでこういうものがあって、
DSCF9627.jpg
僕が測ったところではJRコネクタとピン間隔、ピン断面(正方形)が同じです。これを使うメリットは
 ・挿すときにピンがコネクタから押し出されるトラブルが無い。
  (KSTサーボのコネクタで昨日も起きました。気づいて良かった。)
 ・ピンの信頼性が高いかもしれない。(汎用部品で、一般製品に広く組み込まれるので)
 ・コンパクトにできる。
 ・安い。
 ・精度がRC用品より高いかもしれない。(RC用はいい加減な気がする)
 ・折って4Pinにも6Pinにもできる。
 ・安くてコンパクトなので、フェイルセーフの2重回路もOK。

使うときは収縮チューブで絶縁して下さいね。
ちなみにフタバは断面が長方形で細いので、JRコネクタとフタバコネクタを組み合わせてはいけません! このパーツも使ってはいけません。

▼TWISTER 3 RDS Full-carbon wing&tail version
 C52フルカーボンのライトバージョン主翼で、RDSで、尾翼もフルカーボンで、つまり最も高価なスペックです。月曜に初飛行。
 AIL=RDS(MG), ELV=JR385, RUD=JR386(MG), 300mAh Li-po (Down to 5V const)
DSCF9106_s.jpg
DSCF9102_s.jpg
 全力ランチすると多くのDLGは「バシっ・シュー」ですが、TW3は「トン・・・・」だけで音もなく高く上がってしまいます。それでいて良く浮きます。風が強くサーマルのコンディションも良かったんでしょうけど、40分ほどの間、投げるたびにサーマルでガンガン上がってしまい初飛行なのに降りてこず少し焦りました。強めの風でしたが侵入性が素晴らしくで風下からガンガン戻れました。鉛バラスト満載にしてある3??gの某機より進みます。それでいて良く浮きます。しかも上がります。
 リンケージは個人的によく使ってきたギター弦の片プルトーションバーです。これはヨーロッパでは昔(日本ではjavelinのころ)から使われてきたものですが日本ではあまり人気がなかった感じもします。しかしBLASTER3.5やSNIPEでも採用されたようです。メリットは、

 ・ガタがゼロになる。(サーボのガタさえも吸収)
 ・舵残りが非常に少ない。(ロッド抵抗がない&ガタがないため)
 ・テールを軽くできるのでマスの集中化に寄与。
 ・動翼を天井や車のドアぶつけた際に1/2の確率でショック吸収。
 ・安い。

ちなみにトリムずれはわずかです。ロッドリンケージでも熱膨張しますから最初の2、3ランチはどんな機体でもトリム調整は必要で、その点はデメリットではないでしょう。トリムが大きくずれるようなら工作上の問題があるんでしょう、伸びる糸やワイヤーを使っているとか、ヒンジがソフトすぎるとか、トーションバー部分を掘っていないとか。したがって工作が苦手な人や初心者には勧めません。注意点は

 ・何度も曲げると折れるので工作時注意。
 ・錆防止剤を塗っておく。(ステンレス弦なら不要ですけど最近売ってないですね)
 ・サーボホーンでの連結部では、輪にならないようにする。(伸びることになる)
 ・FMの場合、カーボンと接触してノイズが入ることがある。(2.4Gなら問題なし)
 ・尾翼を自作する場合、ヒンジが柔らか過ぎるとまずい。

長さ合わせの難しさですが、それはピアノ線フックをつくり、それを介してサーボホーンに接続すればいいです。ピアノ線を曲げて長さ調整ができます。取り外しもワンタッチ。

 さて、RDSですが、製作者が言っていた通り精度は高く、トリムを1つ動かしただけで追従しました。しかもいまのところガタもないです。RDSについては念を押して何度も製作者とやりとりしましたが、数年間もの間熟成してきたものでここ2年はトラブルがない、某DLGのRDSよりもずっと信頼性が高いから信頼していい、自分もほとんどRDSを使っている、等々の談から、試しに1つだけRDSで取り寄せてみましたが今のところその通りのようです。

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

Fireworks
地元のFireworksです。
CIMG0669_s.jpg

死亡事故になりました、痛ましいです。「ガソリンがぴゅーと出た」という目撃証言ですが、僕らはもう原因が分かります。携行缶を傾けて置いて、空気穴側が低い状態で空気穴を開けると、ぴゅーと出ます。内圧が上がっているからです。注ぎ口を下げていて注ぎ口を開けても吹き出します。どっちから開けても出るときは出ます、液体ガソリンが。

 ★タンクを傾けた状態で開けてはいけない。
 ★タンクを手で持ったまま開けてはいけない。(水平な路面に置く)
 ★ガソリンを満タンにしてはいけない。(5L缶なら4Lまでとかにしとく)

つまり、開ける口の内部は、ガソリンが無い状態でなくてはならないのです。
冬でも内圧はかかります。開けるとシューとガスが抜けますから。夏だから起きたのではないです。

TWISTER3のメカプレートを作ってみました。剥がれ防止のため、接着面積を取ってムの字型にしてみました。外形は直線ではなく胴体ラインに合わせてあります。
CIMG0709_s.jpg

FW5FLOW、ブラスター3.5、バリドル
仙台から2時間弱ほど南西の浜に来ました。
CIMG0658_s.jpg
ブラスター3.5、バリドル、FW5FLOW、そして私はレンタルでブラスター3をお借りしました。ありがとうございました。

FW5FLOW
CIMG0657_s.jpg
なぜか沢山ありました。ZONE翼形ながら翼面積もそこそこあり、バランスの取れた機体。

ブラスター3.5
CIMG0659_s.jpg
主翼はたぶん同じ金型? 水平尾翼はフライング廃止で下面配置、トーションバー+片プルが標準。これらはヨーロッパでは昔からある組み合わせです。結局これが一番無難との結論でしょうか。垂直が対称翼っぽい? 彼のため?

バリドル・フルカーボン(写真無し)
 コア入りで翼が硬かった。ハイARらしい速い飛び。ランチで小破してしまいセッティングしきれず、本領発揮とはいきませんでしたが、強風では強いかも。今後が楽しみですね。

ブラスター3
 一度翼が折れたそうですが、修理が上手で良く飛んでいました。バラストが積まれているとのことでしたが、ブラにはちょうど良かったです。

山あり海あり街あり、そして素晴らしい方々がおられる羨ましい町でした。色々とお世話いただきましてありがとうございました。楽しいひとときでした。


おまけ
こちら↓は北海道、チームメンバーのマシン群。
DSC_0047_s.jpg
がしかし・・・ミスが多すぎ。そしてまさかのノーポイント! 昨年の表彰台とは雲泥の差。Fサスのせいだきっと!

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

F3K世界戦デンマーク
2013 F3K世界戦デンマーク関係はFBに貼ってあります。
https://www.facebook.com/hlg.park
優勝は猿P? 上位機はけっこうバラバラです。

Quick Launch!  0:35ごろ左のほうの人が・・・

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

CONCEPT
CONCEPT・・・IHLGFで活躍していましたが、非常に高価!
http://www.hkm-taiwan.com.tw/index.asp?Language=En

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

SNIPE
SNIPE・・・コア入り、スプレッドカーボンの模様。→ロハセルかも。
http://www.kennedycomposites.com/snipe.htm

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

USO
http://www.youtube.com/watch?v=AhJZhRsVPmM
これを見ていて思った。
怒りの矛先が違う。
下っ端を悪者にして、影の支配者は次の金勘定へ。

本当に、国に金が無いの?

3.2兆円 援助という名の・・・
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS01006_R00C13A6000000/

廃炉費用不足1700億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130702-00000016-asahi-soci

廃炉なんて簡単。金なんてあるところにはある。庶民には回ってこない。

来年以降、グライダーも高くなります(ランチ高度じゃないです)。個人輸入でも通関時に税関で消費税5%が現在取られていますが、来年以降、消費税が5%→8%→10% ですので。

ヨーロッパではこんな趣味もできてしまう。毎日嫌なことばかりなので、いい眺めでも・・・

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

TW3

TWISTER3 C52 Carbon-Light with Spread Carbon tail surface and 2.4G fuse.
4ヶ月かかって到着しました。
特注でNeon(蛍光)色も頼みました。
DSC_0059s.jpg
主翼:C52フルカーボンのライト版(オプション版)
尾翼:フルスプレッドカーボン(オプション版)
胴体:2.4G対応

TW3のフルカーボン翼には
 (1)C52(レギュラー): C52 Carbon with 25gr/m2 glass inside
 (2)C52・ライト: C52 Carbon with carbon tissue inside
 (3)スプレッドカーボン:

がありますが、
(1)は安価ですが、内面グラスのため重め。
(2)は100%カーボンで軽量、ただし高価。
(3)はクロスのムラでねじれに弱く、現在は作っていない。

とのことで、最も性能の高い(2)を輸入しました。

DLGに限らず、フルカーボンと言っても100%カーボンとは限らないので注意
が必要です。(2)は100%カーボンです。
主翼重量116g以下で、しかも硬いです。
100%カーボンと硬いスパーで稼いでいる感じです。

尾翼はフルスプレッドカーボンで、ノーマルの安価なディザー版と重量は同じながら、
強度は高いとのこと。


Alex.H氏自身、
 「僕もストロングランチャーだけれど、ライト版で十分。(1)は安価な要望の
 ために作っています。獲得高度には翼の軽量性がとても重要です。」
とのこと。
メールで次のようなことを述べています。

 「軽い主翼は、ランチ後のヨー揺れが少なく、収束も速いので、高いランチ高度を
 生み出します。主翼の剛性は、ランチ高度に対する要因としてはとても小さなものです。
 実際、私はいつでも、ディザー翼でさえとても高く上げることができます。TWISTER3は
 中央翼弦が広く、見た目では上がるような感じがしませんが、実際測定すると、良い
 ランチャーで70m上がります。中央翼弦が狭い機体は、見た目では上がりそうに見え
 ますが、実際は(TW3と)全く違いがありません。しかし滑空時には、明らかにTW3
 の方が優位です。」

つまり、ランチ高度には慣性モーメントの小ささがかなり効いてくる、
重さはCG近くのバラストで稼ぐべきで、主翼で稼ぐべきではない、
ということでしょうか。
マスの集中化はFWのPCMでもテストしていて、良い結果が出ていると述べています。

ランチ直後はとても高速なので、空気抵抗(近似的に速度の2乗に比例)がとても大きく、
一瞬のロスが大幅なエネルギーロスになりますから納得がいきます。

他の新しい機体に対して、最も優位な点は何か、の問いに対しては、

 「それは翼にあります。zoneやzone類似の翼に比較して、ハイリフト(高揚力)であり
  ながら速く飛べ、飛びは非常に(extream!)軽く、それでいて向かい風に対して良く
  戻って来ます。 軽い飛びはサーマル上昇が速いので優位です。」

とのことで、翼形も良く研究されて高性能のようです。
主尾翼ともに型はCNC切削とのことです。

【追記】
70mランチの時の重量についてAlex.H氏に聞いたところ、
次の通りの返答でした。

 「ピーター.A選手(2013ドイツオープン優勝者)は、TWISTER 3で約80m上げま
 したが、その時は強風下で、機体は350gでした。私はそこまでは上げられませんが、
 最高で70mぐらい上げられます。私の好みは320gよりやや軽い程度ですが、強風時
 は最高で350gぐらいにします。先週末はユーロツアーコンテストで、私が優勝しまし
 たが、その時は350gで飛ばしました。」

補足:
↓ユーロツアーの結果が出ています。おめでとうございます。
http://www.f3k.nl/index.php?id=237

追記: さらにドイツでも優勝したようです。

翼や胴体は軽くして(回転の)慣性モーメントを減らしつつ、
重心近くのバラストで(直進時の)慣性は確保する、
これが大翼面積ながら驚異的なランチ高度を生み出すこれからの
トレンドかも知れません。
80m・・・投げてみたいですね。

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

明日
海外では・・・

明日は特別な日です・・・

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

▼フラッター ELV?
垂直を丈夫な物に変えたのでランチテストしました。
強く投げると、ブンっとフラッターが起きます。
動画で見るとフォームコアのELVっぽいが良く分からない。

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

▼防護用品
▼防護用品
カーボン、アラミド、グラスは空気中を舞ってます。
暗くしてライトで照らすと分かります。
吸引したり目に入れたりすると、分解しないので永久に残りそうな気がします。(未確認)
毎日やってるプロの方には頭が下がります。
目がチクっと感じたら、もしかすると?

使っている防護用品は・・・
DSCF4340s.jpg


 使い捨てエプロン
 袖カバー
 保護メガネ(曇り止め付き)
 使い捨てマスク
 使い捨てポリ手袋
 ジャージ(ボトムスだけ)
 掃除機(エレクトロラックスの3重フィルタのやつ)

作業に入るとき、準備が大変ですw
本当は、マスクはエポキシ対応品が欲しいですね。あるのかなぁ。

そして・・・
硬化に失敗しました!
DSCF4339.jpg
いつもと別のエポキシです。むかし友人からもらったエポキシがもったいないと思い、使ってみました。念のため3日置きましたがだめでした! 古いエポキシは捨てましょう。

J.Wurts以外にも!


DSやりたい!


テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

▼DLGでトリッキーな技
▼DLGでトリッキーな技
 ・リリース後、ロールで上昇
 ・リリース後、背面で上昇
 ・背面でローパス→上昇 →正立(ブラ2広告で済)
 ・背面ランチ(逆手で)
 ・背面ハンドキャッチ(JW済)
 ・背面でサーマル上昇(JW済)
 ・背面で定点で刺す
 ・ランチ後、頂点で反り返って背面に入れ、背面でサーマリング、ハンドキャッチも背面で。
 ・強力なサーマルでローリングサークルりながら上昇
 ・強力なサーマルでDS
DS.png

 ・2機で、こいつ↓をやる

 ・トンビの周りで↑をやる。

だれか成功したらつべでうpして下さいw


テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

▼最適ランチ経路
最高の高度を得る方法は、

 (初速度の運動エネルギー)-(抵抗によるエネルギーロスの積分値)

を最大にすればいいわけですが、
ではその経路は? というと、変数が多いので一言で説明できるものではなく(下記参照)

▼上昇角の比較
無題33


▼リリース角の比較
無題44


▼ピッチ変化量(ピッチアップ量)の比較
無題55


▼ノーズダウン時の比較
無題66


となります。

 なお、ピッチアップというのはピッチトリムとは違います。
ピッチアップのモーメントにより機体がピッチを増加させていく、の意で使ってます。例えば、リリース角を増やしてもあまり初速度が落ちない人(肩が柔らかいとか)が、軽量で前CGの機体を投げるときは、LaunchトリムをCruiseよりもダウントリムにして投げてもピッチアップしていくケースがあります。それから、トリムだけでなく取付角もピッチアップに関係します。というのは、
重心が同じで、
 A) 主翼取付角が(尾翼に対して)大きく、ダウントリムの機体と
 B) 主翼取付角が(尾翼に対して)小さく、アップトリムの機体
では、ピッチ特性は厳密には同じにはなりません。速度を変えたときの振る舞いが違ってくるからです。(ただし対称翼形のフライングテールの場合は、胴体の空力的効果を除けば、ELVトリムを合わせればA)B)はほぼ同じになる。)

 ある程度軽い機体で、あまり初速度を落とさずに上向きに投げられる人なら、ピッチアップは余り要らなくてて真っ直ぐに近い感じで投げられます。また強風時は、アップトリムが余り要りませんよね。どのくらいピッチアップするのがベストかは条件によって変わると言うことです。
 結局、最適ランチ経路は、機体(重さ、翼形、翼面積など)、投げる人(パワー、スキル、速筋率など)、風速、サーマルの位置(前方にあると思ったら前に投げるとかするでしょ?)などで変わってきます。
では、

 「最適ランチ経路を見つける方法は?」

・・・これからバギングするのでやめとこ。

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

▼ふ~
ふう~疲れた・・・
allCIMG0380.jpg

ホットカーペットに合わせて、ガラスを作ってもらった。
硬化促進用ではなく、アニーリング用、尾翼には重要と思うので・・・
CIMG0381.jpg

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用



カテゴリー



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。