HLG PARK
Steigeisen SALPeter Aspirin Encore Fireworks5 XP5 TabooGT Blaster2 Sophia Supergee2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●どういう放射性物質が危ないのか? 危なくないのか?
●どういう放射性物質が危ないのか? 危なくないのか?

 1.半減期が短く、かつ、崩壊後の核種が安定な同位元素

  例えば検出されたヨウ素の同位体
    半減期が8.1日ぐらいだから、54日で 1/100に、半年で、0.000000165倍
    になる。よって冷凍にして半年ぐらい置いたり、牛乳ならアイスクリームやコ
    ンデンスミルクにして、半年ぐらい放っておけば、食べられると思う。



 2.半減期がとてつもなく長く、かつ、崩壊後の核種が安定な同位元素

  半減期が長いということは、原子核崩壊があまり起こらないわけで、放射線は
  なかなか出てこないから、危険度は低い。身の回りにある安全な元素もこれ。
  ただし崩壊後の元素が安定であるものに限る。


 3.半減期が中途半端な同位元素

  少し怖い、特に吸い込んだ場合は。


 4.崩壊後の核種がどれも不安定な同位元素、つまり崩壊系列にそってどんどん崩壊していく同位元素

  例えばウラン、プルトニウムの同位元素。
   放射線を出しながら、崩壊系列にそって次々に別の元素に変わっていく。どんどん変身して
   いく。変身するたびに、放射線を出す。
   だからこれは危ない。

 以上は半減期と生成される核種の安定度だけで分類してみましたが、他にも様々な性質から危険度を見る必要がありもっと複雑です。それからいわゆる内部被曝と呼ばれているものはやはり怖いです。ひとをどこまでも追っかけてくるのと、至近距離からDNAに当たるからです。α線は空気中では数センチで止まりますから外部にα線源があってもなかなか被曝しません。しかしα崩壊をする放射性物質を体内に入れた場合はDNAにバンバン当たってくるわけです。

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hlgpark.blog103.fc2.com/tb.php/99-8e21f55d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。