HLG PARK
Steigeisen SALPeter Aspirin Encore Fireworks5 XP5 TabooGT Blaster2 Sophia Supergee2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tweagle comming
【Tweagle】 何か月前の注文だったろうか。どれも綺麗。TWISTER3も来た。
2014オランダ選手権第3戦も優勝したとのことで、3連勝です。
 ※TweagleなどのDLG情報はFBでも流しているので、早く知りたい方はそちらを。
DSCF0155_R.jpg

▼SNIPEとの比較(ノーズ): 前縁を合わせてあります。
DSCF0187_R.jpg
ノーズがかなり短い。これはTW3から一貫しているが、やはりお約束の慣性モーメントの減少(ヨーのドリフトを減らしてランチUP)が目的だろう。さらに、CGより前の側面積が減るということは、アクロ機のナイフエッジ効果が減るのと同じ理屈で、リリース後のヨードリフトが減少し、ランチ高度UPになる。さらには空力的なピッチへの悪影響(ピッチ復元を妨害)も減少するわけだから、ショートノーズは一石三鳥なのだ。
 太さはSNIPEも同じくらいだが、ウラジミール胴体は貫通ブームのために容積が無駄になっていて、太い割にメカが積みにくい。コーンがBlasterと共通だが専用設計にしてもらいたいところだ。これは単にコストを下げるためだろう(といってもSNIPEはぜんぜん安くない)。
 一方、Tweagleは中が空っぽだから容積をフルに使える。4サーボをノーズに入れる設計だ。


▼SNIPEとの比較(尾翼):
DSCF0178_R.jpg
面積はTweagleのほうが少ないと思う。しかもブーム上の水平尾翼取り付け位置がSNIPEよりかなり前だ、凄い。それでいて安定させるためにいろいろな工夫があると思われる。(少なくとも4つは見つけた)。ランチ高度UPのために犠牲にした安定性をカバーするために、基本的に安定志向の設計に見える。コンテストでは安定性はとても大切だ。


▼SNIPEとの比較(midポッド):
DSC_0028 (2)_R
翼下ポッドは、SNIPEは最大で34mmも幅があるので、有効翼面積が減ってしまうし、まるでスパンも短くしたようなもの。 Tweagleの翼下は細い! SG2のような感じのパイロン方式だ。パイロン断面は対称翼形になっている! 抵抗が少なそうだ。この細さでエルロンロッド内装である! クリックすると拡大して、まるでF1のステーのような空力的に理想的な断面であることがわかります。


しかも前縁は浮いている!
DSCF0200_R.jpg
有効翼面積が大きくとれるし(前縁はフルスパンが有効! SNIPEは34mmも無駄!)、胴体との境界線で生じる抵抗も減るはず。(境界線が短くなるので) これもまるでF1のウイングみたいです。胴体には少なくとも3種類のカーボンを使っているように見える。

▼SNIPEとの比較(ブーム):
DSCF0196_R.jpg
前のほうはSNIPEよりかなり太い。長さはもちろんSNIPEより短い。ねじれ剛性は高いと思われる。リリース後の水平尾翼の傾き(ピッチ癖やエネルギーロスが出る)を抑えるのに有効だろう。

ウラジミール機は概して商業的(商業的に成功することを優先する傾向)な印象だ。ただそれはそれで大切なことだから勘違いしてはいけない。グライダーを広く普及させるためには、作りやすさ、安定した生産、代理店の確保も必要なのだから。ウクライナが平和であるといい。

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

はじめまして
魅力的な設計思想が伺えますね。

これからもインプレ楽しみにしています。
【2014/06/27 07:46】 URL | 修羅場でバンバン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hlgpark.blog103.fc2.com/tb.php/179-b10ab41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。