HLG PARK
Steigeisen SALPeter Aspirin Encore Fireworks5 XP5 TabooGT Blaster2 Sophia Supergee2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼エルロンロッドの作り方 【BLASTER 3 SC 編】
▼エルロンロッドの作り方 【BLASTER 3 SC 編】
DSC_0032.jpg
付属の純正リンケージ、ちょっと頼りありません。
ポッドに穴をあけてカーボンロッドで直線的にリンケージしました。

1DSCF0145.jpg
① ブームに保護のためのビニールテープを巻き、ウィングホルダーを削ります。

2DSCF0158.jpg
② L字に曲げた1.2~1.5mmステンレスロッドを内径2mmの真鍮パイプに入れ、パイプ先端をつぶして
  フラットにします。
③ 真鍮パイプとステンレスロッドを半田付けします。
④ 真鍮パイプ内側に半田が流れた場合は、2mmドリルで内径2mmに修正します。
⑤ 真鍮パイプ内側と2mmカーボンロッドの粗し・脱脂をしてエポキシで接着します。

2DSC_0037.jpg
⑥ ポッドにリューターで穴をあけ、ダイヤモンド棒やすりで仕上げます。ロッドが直線になるように慎重にあけます。
  大きさも最小限の大きさです。
⑦ ロッドがエルロンホーンとウィングホルダーの間に挟まれるように、エルロンホーンを接着します。
  絶妙な位置決めが必要ですので慎重に。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
次にサーボ側です。
フラッター防止・サーボ負担軽減・ブレーキ角の確保、の3点を両立するには、サーボトラベルを有効に使う
正確なリンケージが重要です。そこでサーボ側を調整式にしました。空気抵抗減のため動翼側は固定式です。

DSCF0141.jpg
① M2ビスをカットし、内径2mmの真鍮パイプに半田付けします。
② 真鍮パイプ内側に半田が流れた場合は、2mmドリルで内径2mmに戻します。
DSCF0146.jpg

③2mmカーボンロッドと真鍮パイプ内部の粗し・脱脂処理をした後、エポキシで接着して完成です。

次回は【Snipe編】【Tweagle編】と続きます。
スポンサーサイト


カテゴリー



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。