HLG PARK
Steigeisen SALPeter Aspirin Encore Fireworks5 XP5 TabooGT Blaster2 Sophia Supergee2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼空撮機
▼空撮機

空撮機はFireWorks2。AGが出る前で、翼厚があって高さは出ないし、ペネは良くないし、エルロンは効かないし、右に曲がっていく癖あるし、翼の関係でターンインで下がるし、翼は今どきの直貼りと比べればフニャフニャで折れそうだし、ドリフト大きいし、ペグじゃないから回転速いと必ず抜けるし、・・・で、いまどきのF3K競技向きではない。しかしサーマルがあれば同じだし、十分豆粒になるし、シャーレならではのスムーズな平面形で格好いいし、色が付いているし、飾っておくだけでもいいぐらいだ。それに景気の悪い時代、ほどほどのコストで楽しむことも重要。異常に高価な機体は敬遠気味。ちなみにこのFW2、N氏にわざわざ成田に行って貰って通関してもらった(感謝!)から安かったが、国内の店から買うとかなり高価で、当時は高級機だった。
 さて、コストパフォーマンスを追求したら、ヴィーナスに負けるものはたぶんないだろう。ヴィーナス凄く欲しい。主翼だけでも。あれで大会に出たい。(まだ飛ばしたことすら無いが・・・) 1.5m機を何機駆逐できるか試したい。誰か寄付して。
FW2.jpg

ここは空撮をした秘密の公園。景色も良いし、人も少ないし、最高。
イライラする時はこういうところに来る。(毎日来たい)
field2.jpg
Field.jpg

スポンサーサイト

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

上面オンボード
▼上面オンボード     ちょっと時間があったので数フライト。


テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

▼オンボードカメラ 田んぼ
▼オンボードカメラ 田んぼ編

ここは田んぼの中の農道ですが、遠くに見えるように幹線道路があり、そちらには行かないようにしないとイケマセン。といっても実際にはかなり遠いです。かなりサーマルを使わないかぎり、そっちには行けません。  ※カメラと人間の目は焦点距離の差から画角が違ってしまうのと、人の目は2つで見て距離を測定していることから、ビデオ映像と目視は距離感が違います。周りには気をつけましょうね。事故が起こるとRC保険代が上がったり、新しい周波数割り当てがされにくくなったりします。現在のRCの市民権は、タダでもらったものではありません。双方向方式が早く認可されればいいのになぁ。

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

▼オンボードカメラ その2
▼オンボードカメラ その2
隣県に遠征してきました。オンボードカメラを搭載させてもらいました。



 ちなみに鉄道や高圧電線に近づいてはイケマセン。機体内の金属に誘導起電力が発生するからです。よって、ノーコンになったとしてもそっちに行かない程度の高度にしておかないと危ないです。民家にも気をつけないとイケマセン。ノーコンで風に流されたとしても、民家や車が走っている道路に不時着したら場合によっては大事故に。風向きと高度を頭に入れて飛ばす必要があります。この日の風向きは、ノーコンになったら川にドボン、の方向でした。(つまり土手からの吹き下ろし!最悪!)

テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

▼オンボードカメラ
▼オンボードカメラをテストしました。
たまに行く地元の秘密の場所です。


テーマ:ラジコン・空物 - ジャンル:趣味・実用

▼FF9と3~4ch受信機で、エルロンDLGを飛ばす裏技。 おまけつき。
▼FF9と3~4ch受信機で、エルロンDLGを飛ばす裏技。 おまけつき。

 普通は5ch受信機が必要です。
 手持ちの3chPCMで飛ばすために考えてみました。

次のおまけもつけました。

 4モード = LAUNCH、SPEED、CRUISE、THERMALを実現。
 ELV→キャンバーミキシング装備。
 キャンバーデジタルトリム装備。

F社・J社の両刀遣いのため、操作はJR類似にしました。

---------------------------------------------------------------------------------------
【使用プロポ】 FF9飛行機用

【モードと動作内容】
 LAUNCH  キャンバーを上げ、ELVランチプリセットを入れる。
 SPEED   キャンバーを上げ、ELVアッププリセットを入れる。
 CRUISE  ノーマルキャンバー
 THERMAL キャンバーを下げ、ELVダウンプリセットを入れる。

【受信機・サーボ】
 CH1(AIL) ・・・右エルロンサーボ
 CH2(ELV) ・・・左エルロンサーボ
 CH3(ARBK)・・・エレベータサーボ
 CH4(RUD) ・・・ラダーサーボ

【トリムレバー】
 エレベータートリム・・・キャンバーが動く(必ずCRUISEで調整。SPEED,THERMALだと
              片エルロンしか動かない。)
 エンコントリム・・・・・エレベーターが動く。

【スイッチ】
 LAUNCH= SW:F・DOWN(表側)  ※JRのように優先にならないので、(例えば)CRUISE
                            (SwE=Center)の状態で入れると決めておく。
 SPEED = SW:E・UP(裏側)     ※LAUNCH・OFFの状態で入れる。
 CRUISE = SW:E・Center       ※LAUNCH・OFFの状態で入れる。
 SPEED = SW:E・DOWN(表側)  ※LAUNCH・OFFの状態で入れる。

【送信機】
モード=GLID(1FLP)

 ELEVON AIL1 +100% +100% (右エルロン)
        AIL2 -100% -100% (左エルロン)
        ELE2 +30%        (エレベータ→キャンパーミキシング)
        ELE1 +30%        (エレベータ→キャンパーミキシング)

PMIX1 OFST→ARBK LINKOFF SW:F・DOWN +5% (LAUNCH :エレベータプリセット)
PMIX2 OFST→ARBK LINKOFF SW:E・UP    -5% (SPEED  :エレベータプリセット)
PMIX3 OFST→ARBK LINKOFF SW:E・DOWN -5% (THERMAL:エレベータプリセット)
PMIX4 OFST→AILE  LINKOFF SW:F・DOWN 10% (LAUNCH:キャンバープリセット右エルロン)
PMIX5 OFST→ELEV LINKOFF SW:F・DOWN 10% (LAUNCH:キャンバープリセット左エルロン)
PMIX6 ELEV→ARBK LINKOFF SW:A・NULL -100~+100% (エレベータスティックでCH3サーボを動かす)
PMIX7 ARBK→ARBK LINKOFF SW:A・NULL +100~-100% (エンコンスティック無効化)

 START OFS  AILE +20% (THERMAL:キャンバープリセット・右エルロン)
            ELEV +20% (THERMAL:キャンバープリセット・左エルロン)
            FLAP   0%
            VR   NULL

 SPEED OFS  AILE -20% (SPEED:キャンバープリセット・右エルロン)
            ELEV -20% (SPEED:キャンバープリセット・左エルロン)
            FLAP   0%
            VR   NULL

---------------------------------------------------------------------------------------
★注意
 ・エレベータートリムでキャンバーが動きますが、必ずCRUISEにしてやります。SPEEDや
  THERMALだと片エルロンしか動きません。

 ・エンコントリムでエレベーターが動きます。
 ・JRのようにLAUNCH優先にはなりません。LAUNCHは(例えば)CRUISEの状態で入
  れると決めておきます。
 ・値は動作確認用の仮の値です。機体に合わせて下さい。またリンケージによって+-が逆転します。
  間違いがあるかもしれません。使う場合は動作確認して自己責任で。


▼クレールブームとmojoブーム、重心を合わせやすいのは?
▼クレールブームとmojoブーム、重心を合わせやすいのは?

重量はmojoブームの方が軽いです。
クレールブームは、ブームの重心が太い方にあります。

どちらが重心が合わせやすいかは、計算しないと分かりません。
だから計算しました。ただ結果は公表しません。なぜかというと、
使い方により逆転するから!


ちなみに、この2つのブーム、

 前端直径 mojo > クレール
 後端直径 mojo < クレール

です。しかしスキンのつくり・厚みも違いますから、どちらの「しなり」が少ないかは、測定しないと良く分かりません。
しかし、しなり測定は、前記事のとおり簡単ではありません。面倒ですね。

▼テールブームのしなりの測定
▼テールブームのしなりの測定

いま手元に、2種類のテールブームがあります。

 パイプのしなりの比例定数(弾性率みたいなもの)の測定は簡単ではありません。テーブル上で押さえただけでは、パイプの上面が動くからです。柔らかい測定値がでるでしょう。

たぶん直径が大きいほどそのズレは顕著になると思いますから、直径の異なるパイプ同士などは比較ができません。

 パイプの全周を全く動かないように固定する必要がありますね。
スタイガイセンのベンディングテストの写真、よく見えませんが、そのへんしっかり固定しているようにも見えます。右のリンクからどうぞ。

 もっと厳密には、ポッドに装着して測定しないとイケマセン。なぜならポッドの変形が影響し、その影響度は直径が変われば変わると考えられるからです! だから簡単ではないのですね。

 テーブルで押さえただけの場合と、ポッドに装着した場合、この2つの違いがどれくらいか分かりません。よって2本のブームでしなりの違いが少ないと、その結論の信頼性はあやしくなってくるわけです。使うポッドの剛性が十分なら、全周固定の方法で比較できるとは思いますが。
面倒ですね。
2009仲間のアラミド機
今日は時々雨で、しかも凄い強風。オンボードカメラを試そうと思ったができなかった。

地元のS氏の新作です。
画像 006

こちらもS氏の新作です。
画像 010

ブラスター2
これは地元某氏の綺麗なブラスター2。
DSCF0688b.jpg

これはJ.ワーツのブラ。エルロンサーボが少し外側。フラッター対策だろう。(XPもそうだった)
DSCF0235s.jpg


 いまの車で初めてタイヤ交換をしたが、なんとソケットが入らない。ホイールカバーを外さないといけないのです。あと少し穴が大きければ良いだけなのだが。
SN370144.jpg

 しかも、あいかわらず工夫しないと収まりきれない工具袋で、全然カイゼンされていない。(走行中に動くとマズイからピッタリサイズにしているのかもしれない)
しかしこんな所は気が利いている。パンクしたタイヤを積むときの汚れ防止シートだそうだ。車載工具に入っていた。ジャッキハンドルも、回している最中に外れない一体型ハンドルにカイゼンされていた。
SN370145.jpg

こっち↓の分野の草大会の最終戦があり、これまで全勝だったが、最終戦でまさかの転落、年間チャンプを新潟の方に奪われました! ハンドランチを練習するとこちらが駄目になり、その逆もあり。
DSCF2745s.jpg

▼Hovering
▼ 少し懐かしい写真を発見。売却済。
DSCF0006.jpg

JWのENCORE
このところモチベーションが下がりネタ不足のため、来日時のJ.WURTS氏のアンコア(ENCORE)をUPします。尾翼はあいかわらずバルサコアで、6サーボ仕様で重そうですが、彼らにはこれが良いんでしょう。ある程度うまくなってくると重視する点が「あれ」になりますから。多少重くてもサーマルに入れば問題なし。問題は技術でカバーできない「あれ」。
DSCF0272s.jpg

同じくJW氏のブラスター。よく分からないが320gぐらいだろうと言っていたとか。
(たぶん)誰よりも重い機体で、だれよりも長く飛んでましたねー。(ビデオ撮りました)
終盤なんか、疲れて全力では投げていなかったのに。
DSCF0235s.jpg

プリセットの量とか聞いたら、「このぐらい」って動かしてくれましたが、「でも、ねじれていて、こんなんだからね-」ってコトでした。重くても変形してても関係ない!


主翼の修理工具
主翼の修理等で、余分なエポキシ等を平滑に削るとき、
グラインダーは速過ぎて一瞬で削り過ぎますし、充電式ドリルでは遅くて疲れます。
100Vドリルがちょうど良いです。
画像 004

ペグ交換のため、補強の円状アラミドクロスを剥がしたら、こんなエポキシの跡が残っちまった。
画像 001

それを、平面をそこそこ維持しながらこんな感じに落とせます。(上の写真と面が逆ですが)
画像 005



カテゴリー



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。